元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年02月14日

便秘が起こる理由

健康 医療 病気予防 デトックス
便秘が起こる理由
女性を対象にした調査では、便秘気味という人も含めて、全体の約40%を越える人が便秘であると答えていると調査結果があります。
このように耳によく聞く「便秘」ではありますが、明確な定義というものはなく、一般には3〜4日以上便通がないものを便秘と呼んでいます。ですが、毎日便通があってもその量が少量で、腹部膨満感・残便感・食欲不振・全身倦怠感・頭痛・腹痛・めまい等の自覚症状があるものは便秘と言えます。
つまり、排便・便通に不快感を伴うものは便秘といって差し支えないようです。

便秘を解消するために、どうして便秘になるのかを、まず知っておきましょう。
便秘の原因には、水分不足食物繊維不足腹筋の筋力低下排便欲求の我慢、ストレスなどがあります。

1.水分不足
正常な便の約80%は水分といわれています。体内の水分が不足すると、便の水分も吸収され硬い便となり排便がし辛くなり便秘を起こします。
2.食物繊維不足
食物繊維が便のかさを増やしてくれることで、腸を刺激してぜんどう運動を活発にさせ排便を促してくれます。
同じ理由で食事の量そのものが少ないと便の量自体も減り、腸への刺激もぜんどう運動も弱くなって便秘を助長します。
3.運動不足
腹筋が弱まることで腸のぜんどう運動も弱くなってしまいます。また、腹筋は便を押し出す力のためにも必要です。
4.がまん癖
直腸に便がたまるとその刺激で便意が起こります。便意を感じた時に近くに忙しかったり、恥ずかしかったり等の理由で我慢してしまうことが続くと、直腸が次第に刺激になれてしまい、便秘になってしまいます。
5.ストレス
腸のぜんどう運動を左右する自律神経の副交感神経が、ストレスで乱れてしまうことで、ぜんどう運動も乱れて便秘を起こします。
不規則な生活、睡眠不足もストレスとなります。
6.その他
病気やケガが原因で便秘を起こす場合もあります。また、薬の副作用での便秘もあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

自宅でできる便秘対策に、腸内洗浄デトックスが効果的


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:56| Comment(0) | 便秘解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

便秘を放っておくと・・・


本当は便秘ではないのに自分は便秘だと思い込んで不必要にいろいろな便秘解消法を試している人がいる反面、便秘の症状があるにも関わらず「たかが便秘、いずれ治るだろう」と安気に構えている人も意外と多いものです。
便秘を放っておくと肌の調子が悪くなることを気にする女性はいますが、肌荒れやお腹の張りだけでなく、便秘は大腸がんやポリープの原因にもなりかねないのです。

実は便秘と大腸がんはおおいに関係があります。
便が長く腸内にあるとガスだけでなく活性酸素も発生します。
活性酸素が発生すると腸の細胞を刺激して変性させ、腸内細菌のバランスを崩してしまいます。
腸内細胞は免疫にも関わっているため、便秘によって免疫力が落ち、がんが発生しやすくなるということも考えられるのです。
排便時に出血がみられると「痔だろう」と自己判断してしまう人がいますが、大腸がんを疑って病院を受診することをおすすめします。
大腸がんの中でもS状結腸にがんができると便の表面に血液がつくことが多いです。
また直腸がんでは便に鮮血がつくことが多いのです。

しかし痔と便秘の関係も見逃してはいけません。
便秘をすると腸内に便が長い時間留まることで水分が吸収されて便が硬くなります。
これを無理に排便すると肛門が切れ、いぼ痔になり、今度は痛みを避けるために排便を我慢してさらに便秘を悪化させてしまうことになります。

便秘から他の病気を招かないためにも「たかが便秘」と軽く考えず、自分に合った便秘解消法ですっきりとしたお通じができるようにしてください。


薬に頼りたくないあなたへ!

話題のキャンドルブッシュティー!



posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:28| Comment(0) | 便秘解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

女性と便秘の関係

三牧ファミリー薬局の便秘薬

便秘と聞くと女性に多い症状というイメージがありませんか?
女性はさまざまなダイエット法便秘解消法を常に試しているような印象を持っている人も少なくないと思います。


実際に、便秘で病院にかかるのは25歳〜55歳の女性と高齢者が多いという報告もあります。
しかしこれは女性の多くが日頃から便秘を気にしているから、というだけではなく、ちゃんと理由があるのです。
まずは黄体ホルモンの影響です。
女性には生理があり、黄体ホルモンの分泌に波があります。
黄体ホルモンは排卵後から生理が始まるまでの間に分泌され、その間は大腸の蠕動運動を抑制して水分や栄養の吸収を促進します。
そのため水分の少ない便になり、生理前になると便秘気味になる女性が多いのです。
また妊娠すると便秘になる人が多いのですが、これは妊娠によって黄体ホルモンの分泌がますます活発になることと、お腹が大きくなって子宮が腸を圧迫することが影響しています。
出産後も腹筋がゆるむために便秘をしやすくなります。
高齢者に便秘が多いのも、腹筋がなくなることが原因のひとつと言えます。

また女性に「やせたい願望」が多いのも便秘!
が多い原因のひとつです。
過度に食事制限をすると便が作られず、便意をもよおしにくくなり、からだのラインを整えるためのきつい下着も腸の運動を妨げることになります。
ダイエット目的で便秘解消法を試す人もいますが、間違った方法で排便を促すと、下痢を起こし体調を崩してしまいます。
下痢をすれば痩せられると思い込んでいる人もいるようですが、本来のダイエットを成功させるためには、食生活を正し排便リズムを整えることが大切です。

もともと女性は便秘をしやすい要因を持ち合わせている上、受験や仕事上のストレス、結婚すれば家事や育児にゆっくりトイレに行く暇もなく、現代の女性は日夜便秘!
と戦っていると言えるでしょう。

毎朝快腸デトックス!!


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 18:08| Comment(0) | 便秘解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

健康な便とは?




いろいろ便秘解消法を試したけど、なかなかいいウンチが出ない、という人もいることでしょう。

自分の便秘のタイプにその便秘解消法が合っているかどうかにもよりますが、出せばよい、というものでもなく、やはり便の状態がよくなければ本当に解消したとは言えません。

いい状態の便とはどんなものでしょうか。
いくつかのポイントに分けてお話します。

まず形はよく言われる「バナナ状」、これが理想的です。
ある程度の太さ、長さがあり、水分は70〜80%くらいです。
水分で言われてもわかりづらいですが、水分が90%を超えると下痢便になります。

直腸性便秘では便が太く短くなり、けいれん性便秘ではコロコロのウサギの糞状態になります。


次に色ですが、野菜類が多ければ黄色く、肉類が多ければ黒っぽくなります。
食事のバランスが取れていれば、便は黄褐色になります。
消化器官からの出血があれば、その部位により真っ赤あるいは真っ黒の便が出ます。
いつもと違う便が出たら何かからだに異常があるサインですので、病院を受診してください。

次に便のにおいですが、健康な便は臭くない、とよく言われますが、もちろんまったく無臭ではありません。
ただ、便の成分は食べ物のカス、腸内細菌による分解産物、古い細胞、細菌類でできており、腸内に悪玉菌が増殖すると、便やおならのニオイがきつくなります。

悪玉菌が増える=腸が健康でない、という状態ではニオイが臭くなるのです。

肉類をたくさん食べると悪玉菌が動物性タンパク質を腐敗発酵させるため、臭い便がでるようになります。

また健康なウンチかどうかの判断として「水に浮く」というのがありますが、水に浮くウンチは食物繊維が十分に摂れていることを意味するのだそうです。

食の欧米化で肉中心の食生活を送る人が増えてきましたが、やはり野菜中心の和食が健康にはよいのですね。


≫詳しくはこちらへ≪



送料無料!小林製薬の発酵熟成させて 野菜が元気


続きを読む
posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 12:31| Comment(0) | 便秘解消法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。