元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年09月11日

教室での工夫

アスペルガー症候群
教室での工夫
体の細道 健康 医療 病気予防

アスペルガー症候群(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんたちの教育に成功している学校の先生は、教室でどのような工夫をしているのでしょうか?学校での学習計画が成功するための重要な要素のひとつが、先生の存在です。日本でも最近では、先生方が積極的に、障害があるお子さんに対する知識や理解を深めようとしてくださっています。柔軟に心を開き、肯定的な姿勢をもって接してくださる先生も増えてきています。

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

  • 作者: サリー オゾノフ
  • 出版社/メーカー: 星和書店
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本


みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004では、そのような先生の教室においてしばしばみられる特徴(工夫)を紹介しています。

1.日課と規則に一貫性がある。
2.宿題の資料を保管する場所や、宿題を集める場所を常に一定にしている。
3.教室に日課が掲示してある。
4.明確で簡素な言葉を用い、どちらとも取れるような曖昧な表現は用いない。
5.授業で説明するときに、言葉だけではなく、書いて説明する(指示は黒板に書いて示す、など)
6.障害のある生徒を優先的に先生の近くの席にし、注意が逸れるような窓際や廊下側などは避ける。
7.騒音、その他の注意を逸らすものが妨げになる場合には、特別な学習を用意する。
8.説明には十分な時間を費やし、繰り返し行うとともに、それぞれの生徒にふさわしい宿題を出す。
9.生徒のそばに付き添い、学習速度と成果に頻繁に目を配る。
10.障害のある生徒にも質問をすることで、その生徒が学習を理解し、授業に参加していることを確認する。
11.努力と成果の両方を促し、向上させることも含め、活動結果に対して即座にフィードバックを返す。

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 08:41| Comment(0) | アスペルガー症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。