元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年08月09日

TEACCH

アスペルガー症候群
TEACCH
体の細道 健康 医療 病気予防
応用行動分析(ABA)と同様、世界で最も広く行われている治療法の一つで、その効果を比較され、期待されているのが、TEACCH「自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育」です。参考:『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004

就学前から成人期にかけてを対象とします。
学校を主とし、家庭でそれを補う形で、学校の先生とご両親によって行われます。
そのテクニックは、比較的容易に職場環境にも一般化されます。
TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)の特徴は、環境を視覚的に構造、組織化し、視覚的能力、機械的能力、丸暗記力についての長所を活用しながら、状況を学び、言語、模倣、社会的および認知的技能を教えていくことです。

自閉症児のためのTEACCHハンドブック―自閉症療育ハンドブック (学研のヒューマンケアブックス)

自閉症児のためのTEACCHハンドブック―自閉症療育ハンドブック (学研のヒューマンケアブックス)

  • 作者: 佐々木 正美
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本



モバイルで高卒認定

モバ高ゼミ
1対1で行うこともあれば、グループで行うこともあります。TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)は、公立学校で実施されている場合が多いです。
応用行動分析(ABA)は、確かに効果があると言われますが、集中的に行われることから費用の面でも、またご両親の精神的面でも多くの負担が強いられます。また、訓練を受けた専門家チームが存在しないことには実行できません。したがって、ご自宅の近くで応用行動分析(ABA)を行っている機関やチームがみつからない場合、学校でのTEACCHプログラムを利用することは良いでしょう。その効果についてはまだ明らかにされていない点も多いですが、行動、学習が改善し、ご両親のストレスの軽減に寄与するとともに、自信を強めることができるといわれます。
携帯で高卒認定

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:34| Comment(0) | アスペルガー症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。