元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年07月28日

機能的行動分析と言語コミュニケーション療法

アスペルガー症候群
機能的行動分析と言語コミュニケーション療法
体の細道 健康 医療 病気予防

応用行動分析(ABA)が、訓練を受けた専門家チームによって行われるのに対し、責任のある大人ならば誰にでも行えるのが、「機能的行動分析」です。
・機能的行動分析
就学前から成人期全般を通して行われます。学校、家庭、その他の状況で、責任のある大人であれば誰にも行えます。
混乱を引き起こす、あるいは問題のある行動の機能を検証します。そしてよりふさわしいコミュニケーションの方法を提供するのです。
機能的行動分析の長所は、行動問題を減らし、コミュニケーションを向上させることにあります。

機能的行動分析と同様にコミュニケーション能力の向上を目指すのが、「言語コミュニケーション療法」です。
・言語コミュニケーション療法
高機能自閉症やアスペルガー症候群(アスペルガー障害)がある方々は、比較的よく発達した言語能力をもっている、と定義されます。つまり文法的な誤りがほとんど、あるいはまったくなく、流暢に話すことができるのです。
しかし彼らには、それでもやはり「言語問題」があります。
人とコミュニケーションを図ることができないのです。それは他の人たちと考えや情報を交換するために、社会的文脈で言語を使うこと(語用論)に問題があるからです。
そこでこの語用論に焦点を当てて開発されたのが、この言語コミュニケーション療法です。
就学前から成人期全般にわたって行われます。グループ状況、またはお子さん同士がペアになり、言語聴覚士によって行われます。
言語の語用、つまり社会コミュニケーション、抽象的、または複雑な言語的概念の訓練を行います。
言語コミュニケーション療法の長所は、障害があるお子さんが社会生活技能グループに参加できないとき、あるいはお子さんのコミュニケーション問題がより深刻なときなどでも有効であるということです。
posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 12:22| Comment(0) | アスペルガー症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。