元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年07月25日

応用行動分析(ABA)

アスベルガー症候群
応用行動分析(ABA)
体の細道 健康 医療 病気予防

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のうち高機能自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群(アスペルガー障害)と高機能自閉症)の治療法としてその効果を期待されているものには、以下のものがあります。

応用行動分析(ABA)、
TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)、
デンパー治療モデル、
社会生活技能グループ、
教育的支援、
言語コミュニケーション療法、
機能的行動分析、
薬物療法、
感覚統合療法、
個人心理療法

などがあります。
そのうち効果が証明されているものの一つが、応用行動分析(ABA)です。治療年齢、実地方法・場所、特徴、およびその長所と短所についてより詳しくは、『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004をご参照ください。

・応用行動分析(ABA)
ロサンゼルス・カリフォルニア大学(UCLA)の教授陣の一人によって、1960年代に開発された治療法です。
行動学理論をもとにします。
応用行動分析(ABA)は、就学前から成人期の方を対象とします。
就学前は、訓練を受けた専門家チームによって週に30?40時間、理想的には2年間、家庭で行うことが多いです。その後は、学校やその他の環境において行われます。
観察、定義が可能な行動について測定される明確な目標を定めるのが、応用行動分析(ABA)の特徴です。そしてそれらの目標達成のために具体的なテクニックを用いるとともに、治療介入の効果を評価するために継続的にデータを収集していきます。
このテクニックは、原則的にオペラント条件づけなどの学習に基づきます。
2年間の集中治療によって、多くのお子さんは正規の学校で特別な支援なしにうまく生活できるようになります。ただし、短所は費用がかかるということです。

一家に一箱!富士薬品の置き薬(救急箱)!

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:30| Comment(0) | アスペルガー症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。