元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年04月16日

緊張型

体の細道 健康 医療 病気予防 総合失調症
緊張型

統合失調症と一言で言っても、その分類は結構多いのですが、その中には日本では多い症例のものもあれば、極めて少ないものもあります。
緊張型と呼ばれるものは、統合失調症の中にあって日本ではかなり少ない部類に入る病気です。

緊張型は、20歳前後の方がよく発症する統合失調症のひとつで、近年ではかなり稀なケースと言われています。
現代においては、環境的にあまり緊張型の原因となるものが多くないという事なのでしょう。

緊張型の特徴は、所謂突発性の感情暴発です。
つまり、いきなり理由もなく興奮し、怒号を発し、情緒不安定になるというタイプの統合失調症という事になります。
発症の状態が非常にコロコロと変化するのも特徴のひとつで、一日単位で変わっていくので、周りの人にとってはかなり接する事が困難と言えます。
ただ、緊張型統合失調症の中では軽度のものとも言われており、数ヶ月で治るケースも多いようです。
あまりに長期的に症状が続く場合は人格崩壊の恐れもありますが、近年ではそういうケースは稀だそうです。

これだけを見ると、ただ情緒不安定で感情の起伏が激しい人との区別が付きにくい病気のように思われますが、実際の統合失調症の患者の場合は、興奮した際に通常とは違う挙動を見せます。
例えば、同じ姿勢を継続し、昏迷状態に陥って、回りの声に反応を示さなくなるといった状態になったりします。
意識はあるようなので、実際には聞こえているようなのですが、同じ体勢のまま固まって動かないそうです。
この状態の時に心無い言葉を患者に浴びせると、それを患者は認識し、心の傷となる事も多いようですね。

緊張型統合失調症は、現在ではあまり見られない病気ではありますが、周りの理解が比較的難しい病気と言えます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 06:16| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。