元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年04月01日

腎臓移植

健康 医療 病気予防 腎臓病
腎臓移植

腎臓病、なかでも腎不全になってしまったら、血圧の管理や食事療法などで進行を遅らせ、少しでも人工透析の導入を遅らせることが大切です。
最近では、人工透析も進歩し、適切な管理のもとで続けていくことにより、健康な人とほとんど変わらない生活を送ることも可能になりつつあります。しかし、人工透析は通常、週に2?3回受けなければなりません。しかもこれは、あくまで低下してしまった腎機能の代わりをするものであり、腎臓病を回復させるものではありません。したがって、半永久的に透析治療を続けていくことになります。また人工透析の合併症もあります。
これらの苦しみから解放してくれる可能性があるのが、「腎臓移植」です。
腎臓移植には、
1.生体腎移植(せいたいじんいしょく)
2.死体腎移植(したいじんいしょく)があります。


1.生体腎移植・・・
親子、きょうだいなど、生体(生きている人の身体)から血液型や白血球の型(HLA)が一致する人の腎臓の片方を移植するものです。腎臓は左右ひとつずつ対になって2つあり、背骨をはさみ向かい合っています。したがってどちらか一方を失っても機能できるのです。

2.死体腎移植・・・
事故などで亡くなった人の腎臓(死体腎)を、腎臓病の患者さんに移植するものです。ただし死後1,2時間以内に摘出し、移植しなければなりません。

腎臓移植の成功率は非常に高く、1の生体腎では90パーセント以上、2の死体腎でも70パセーント近くにのぼります。他の臓器の移植と同様、移植を推進しようという気運が高まってきつつあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 糖尿病メタボリック症候群 腹囲 メタボリック症候群 メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:26| Comment(0) | 腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。