元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年02月02日

メタボリック症候群と喫煙

メタボリック症候群 生活習慣病 禁煙
メタボリック症候群と喫煙

喫煙とメタボリック症候群の原因である内臓脂肪とは深い関わりがあります。たばこに含まれるニコチンがインスリン抵抗性を生じさせ、その結果メタボリック症候群を引き起こしやすくなるのです。
実際に喫煙している人がメタボリック症候群にかかる危険性は、喫煙していない人に比べて1,2倍であることが分かっています。また一日あたりに吸うたばこの本数に比例して危険性は高くなり、特に一日に40本以上吸っている人は飛躍的に危険性が高まります。
しかし禁煙すればすぐにメタボリック症候群の危険性がなくなるわけではありません。喫煙時の本数が少なければよいのですが、一日20本以上吸っていた人はその後20年間メタボリック症候群にかかる危険性は変わらないと言われています。一日40本以上吸っていた人ではその後20年以上、危険性の高い状態が続くと言われています。
たばこは生涯一度も吸わないことが理想ですが、既に喫煙が習慣になっている場合には一刻も早く禁煙することが求められます。しかし、たばこの成分であるニコチンには麻薬と同じくらいの依存性があるため、禁煙することは容易ではありません。ニコチン依存には身体的なものと心理的なものとあり、後者の方が深刻でニコチン依存症と呼ばれています。禁煙後何年かしてから喫煙を再開する人がいるのはこの依存症のためです。
禁煙するためには強い意志と自己努力が必要です。また近年ではニコチン依存症の人に対して医療保険を用いた治療が受けられるようになっており、利用するのも一つの方法です。



電子タバコ「禁煙ヘルスシガレット」

電子たばこの記事はこちら≫≫
posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 08:56| Comment(1) | メタボリック症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タバコって何にもいいところがないんですよね。分かっているのですが・・
でもなんでこういうの売ってるんでしょうか?
今までも慣行で仕方がないのかな??
でも良くないことは事実・
う〜〜〜ん・・
チョト考えてしまいました。
Posted by りょうじ at 2010年05月31日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。