元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
<あなたのサイトの薬箱>三牧ファミリー薬局

2009年04月29日

メタボリック症候群

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)とは内臓脂肪型肥満に加えて、高脂血症、高血圧、高血糖などの症状を併せ持った、病気の手前の健康状態をいいます。
一つ一つの症状が軽くて病気と言えるほどではなくても、2つ以上の症状が重なった場合には動脈硬化に進行する危険性が飛躍的に高まります。
またメタボリック症候群では健康な人に比べて糖尿病には5倍、脳卒中には4倍かかりやすいことが分かっています。
つまりメタボリック症候群とは内臓脂肪の蓄積によって生活習慣病にかかりやすくなっている「病気の予備軍」であり、早期に対処しなければ、生命に関わる重大な事態に陥る可能性が高いのです。
2005年に日本内科学会からメタボリック症候群の診断基準が発表されましたが、メタボリック症候群は最近発見された新しい病気というわけではありません。
かつて食生活や運動不足が原因で発症する病気は「成人病」と呼ばれていました。
そしてその後には「生活習慣病」と呼ばれるようになり、呼び名や基準は少しずつ変わりながら現在のメタボリック症候群と呼ばれるに至っているのです。

今日では中高年の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリッ
ク症候群
に該当すると言われています。
また子どものメタボリック症候群も深刻な社会問題となっています。
こういった状況を受けて、国では医療費削減のためにもメタボリック
症候群
の予防、改善を重要な対策と考えており、2008年4月からは医
療制度改革の一つとして特定健診制度を導入してメタボリック症候群の改善を目的としています。

メタボリック症候群 原因
メタボリック症候群 診断基準
メタボリック症候群 特定健診制度
メタボリック症候群 特定保健指導
メタボリック症候群 食生活
メタボリック症候群 運動
メタボリック症候群 高血圧
メタボリック症候群 糖尿病
メタボリック症候群 高脂血症
メタボリック症候群 生活習慣病
メタボリック症候群 喫煙
メタボリック症候群 サプリメント
メタボリック症候群 歯との関係
メタボリック症候群 睡眠時無呼吸症候群
メタボリック症候群 飲酒
メタボリック症候群 子ども
メタボリック症候群 漢方
メタボリック症候群 痛風
メタボリック症候群 ウォーキング
メタボリック症候群 筋力トレーニング
メタボリック症候群 ダイエット
メタボリック症候群 グッズ
メタボリック症候群 ストレス
メタボリック症候群 糖尿病
メタボリック症候群 腹囲
メタボリック症候群
メタボリック症候群 医療費
メタボリック症候群 食事バランスガイド
メタボリック症候群 睡眠不足



posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 05:56| Comment(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

心気妄想・被毒妄想

総合失調症
心気妄想・被毒妄想
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症には、陽性症状と陰性症状があります。
妄想の類は陽性症状という分類ですが、「心気妄想」と呼ばれるものは、むしろ陰性症状のひとつとみなされています。
それは、この妄想には幻聴、あるいは幻嗅といったものが大きく関わってくるからです。
これらは通常、統合失調症における陰性症状とみなされますから、心気妄想も陰性と言って良いでしょう。

心気妄想というのは、自分から臭いにおいが発せられている、あるいは自分の身体の形がおかしい、などという誤認識を思い込みとして信じている状態の事です。
実際にはそういう事実はないにも拘らず、そう思い込む原因はいくつかありますが、一番はやはり被害妄想によるものでしょう。
統合失調症の状態だと、周りからヒソヒソ話が聞こえてくる時、自分が中傷を受けているという被害妄想が働きますが、その中傷される原因が自分の身体にあるのでは、という考えから、こういった心気妄想に発展するケースが多いようです。
酷くなると、身体の中に虫が入り込んでいるような幻覚が現れるようです。
また、「被毒妄想」というものもあります。
被毒妄想被害妄想の一種で、自分が毒を盛られるのでは、という思い込みに囚われ、食事をとれない状態になるようです。
家族の手料理にも一切口をつけなくなります。
この場合は、1人でこっそり食事をするという状態になります。
この症状は、被害妄想の中でもかなり厄介で、酷くなると何も口にできなくなるという状態になります。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 08:45| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

嫉妬妄想・恋愛妄想

総合失調症
嫉妬妄想・恋愛妄想
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症における妄想は、恋愛に関してもかなり大きく現れるようです。
恋愛がらみで統合失調症になったという人も、少なからず存在しています。
それは、恋愛というものが大きな精神的苦痛を伴う事が多々あるからです。
統合失調症の要因のひとつであるトラウマにしても、大きなストレス、ショックにしても、恋愛にはよく起こりうる負荷なのです。

まず、「嫉妬妄想」がこれに該当します。
嫉妬妄想というのは、簡単に言えば病的な嫉妬です。
浮気や不倫をされていると信じ込み、携帯電話を逐一チェックしたり、浮気の痕跡がないか衣服や財布などを念入りに調べたりと、常軌を逸した執着を見せる場合、嫉妬妄想という診断が下されるでしょう。

これは、少なからず多くの人が該当するものと言えるかもしれません。
嫉妬深いというのは性格として普通に存在します。
その程度によって病気か否か、という事になるのは、ボーダーラインの設定が非常に難しいのですが、明らかに自我に異常があり、殺傷の可能性もあるという状態になると、精神疾患とみなされるようです。


また、「恋愛妄想」という直球の妄想もあります。
これは、相手に対して過剰な量の好意的なメールを送ったり、電話を時間に関係なく掛け続けたり、家の前でじっと覗いていたりなど、いわゆるストーカー的な行動を取る人に対して診断される疾患です。
簡単に言えば、ストーカーの要因という事になります。
これも性格的なものとのボーダーを引きにくくはありますが、明らかに被害者が存在しているという場合は、恋愛妄想とみなされるようです。
ドラマや漫画などでは割とよく見るタイプかもしれませんが、現実世界では病気とみなされます。


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 08:48| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

注察妄想・追跡妄想

総合失調症
注察妄想・追跡妄想
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症の陽性症状は、幻覚を見たり、幻聴を聞いたりするという症状が主にあります。
それらは妄想の部類に入ると言って良いでしょう。
実際に幻覚や幻聴を覚えるというのは、肉体的な問題によって引き起こされるケースもありますが、統合失調症におけるそれらの症状は、肉体的に何ら問題がない場合の妄想が生み出すものなのです。

その中にあって、自分自身をその幻覚や幻聴が追い込むという類の妄想もあります。
それは、「注察妄想」や「追跡妄想」です。
いずれも、統合失調症におけるスタンダードな妄想かと思います

注察妄想というのは、自分が常に監視されているという妄想にとり憑かれている状態の事を指します。
常に誰かに見られているという感覚から、自分を見ている人の幻覚を見ることもあるようです。
これは、被害妄想の一種でもあります。
ただ視線を感じるというだけではなく、実際に見られている状態であると確信し、外を出歩けなくなるという状態が、注察妄想です。

それに対して追跡妄想というのは、常に誰かから追われている状態だという妄想が働いている状態を指します。
幻覚、幻聴によって、それがより一層顕著になる事も多々あるようです。
追跡妄想も、注察妄想と同じく、外を出歩けない状態となります。

こういった症状は、精神的に参っている状態の人にも比較的訪れやすいといえます。
ただ、統合失調症ではない人の場合、そこで気のせいだと割り切ることができます。
一方、統合失調症の人の場合は、精神的にどんどん追い込まれ、自分が何者かから命を狙われているという認識で支配され、それを純然たる事実として他者に話したり、一切の交流を遮断するという方向に流れていってしまいます。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 10:28| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

宗教妄想

総合失調症
宗教妄想
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症の陽性症状には、「宗教妄想」という分類をされる症状もあります。
これは、誇大妄想に近い、あるいはその中のひとつという分類をされる事もありますが、ここでは独立したひとつの種類として取り扱います。

統合失調症における宗教妄想というのは、簡単にいうと自分を神、もしくはその生まれ変わりであると信じ、それを実際に周りの人に話すというタイプの症状です。
誇大妄想に近いというのは、自分を極限まで誇大しているからですね。

世界は自分を中心に回っている。
自分は世界の救済者である。
来るべき時に備え、自分は神となって自分を信じる民を救う使命がある。
現在の世の中を壊し、新たな楽園を作る。
などといった、漫画などでよく見られがちな思想にふける状態がよく見られます。


また、自身を神と信じるだけでなく、他の何かを神と信じ、その神の為には手段を選ばない状態も宗教妄想といえます。
こういった精神疾患は、度々大きな事件を呼び起こしていました。
一番有名なのは、大きな社会問題ともなったオウム真理教でしょう。

宗教妄想というのは、ある意味最も危険な状態といえます。
宗教にはまるという言葉がありますが、この極限状態がこの宗教妄想です。
厄介なのは、自身、もしくはその宗教に対して、盲目的な状態になっている為、理想実現の為には他者を傷つける事を厭わないという点です。
その為、大きな事件になりやすいという性質があります。

病気の診断に関しては、比較的易しい部類と言えます。
だれでもその異常性には気付くことができるからです。
そして、この宗教妄想統合失調症の中では多い部類に入ります。
こういう時代だからこそ、多くなっているのかもしれません。

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:28| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

被害妄想

総合失調症
被害妄想
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症における陽性症状にはいくつかの種類があります。その中のひとつが妄想ですが、この妄想もいくつかの種類に分類できます。
そうやって細分化された中にあって、特に近年増加しているタイプというのが、被害妄想です。
統合失調症において、ある意味一番スタンダードな部分が被害妄想かもしれません。
同時に、一般人にとってもかなり馴染みのあるもので、それ故に統合失調症という病気とは結び付けられないケースが多々あります。
実際、性格的な部分で処理される事が多い症状です。

被害妄想というのは、実際にはそうではないのに、自分が被害にあっているという思い込みが極端に強い状態の事です。
小さい点で例を挙げると、周りの人が皆自分を中傷しているような妄想にかられる状態です。
これは思春期によく起こる例ですが、道や廊下を歩いていて、そこでひそひそ話をしているグループを見かけると、その人たちが皆自分の悪口を話していたり、自分を蔑視したりしているのではないかという思考に囚われるという事はないでしょうか。
これが被害妄想の一番顕著な例です。
これが酷くなると、誰に対しても自分に何か被害を及ぼすような画策を練っているとか、常に自分を落としいれようという考えがあるとか、自分を軽視、蔑視しているとか、そういった考えしかできない状態になっていき、その妄想に対して攻撃的、あるいは悲観的、絶望的なイメージを膨らませていくようになります。
その結果、暴力を振るったり、引きこもりになったり、あるいは自ら命を絶とうとしたりする事になるのです。
周囲とのトラブルが絶えない人の場合、この被害妄想という症状がかなりの確率であてはまります。
被害妄想は立派な病気なのですが、そう認識される事は少ないようです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:08| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

陽性症状

総合失調症
陽性症状
体の細道 健康 医療 病気予防

統合失調症の症状を大きく分類すると、陽性症状と陰性症状の二つに分けられます。
これは、別に陽性だから良い、陰性だから悪い、という事はなく、症状によって二つに分けているというだけです。

例えばエイズなどで陽性、陰性という診断結果がありますが、この場合は陽性だとその病気であると診断されたという事であり、陰性だと違うという診断結果が出たという事になりますよね。
しかし、統合失調症の陽性症状と陰性症状は、この類ではありません。

統合失調症における陽性というのは、現実ではない部分における症状を指します。
つまり、幻覚、幻聴、妄想といった症状です。
精神疾患において、最も他者の理解を得にくい症状と言っていいかもしれません。
だからこそ厄介であり、専門的な治療が必要となってきます。

統合失調症における妄想や幻覚というのは、性格や直接的な外的要因によるものは含まれません。
例えば、子供の頃から空想好きで、妄想が得意という人も結構いるかと思います。
そういうものは、当然ながら精神疾患ではありません。
また、麻薬などによって幻覚を見る場合も、統合失調症という事にはなりません。
何らかの精神的要因が、これらの症状を引き起こしているという場合に、統合失調症の陽性症状であると診断されます。

幻覚というと、かなり精神的に突飛な人が見るもの、という印象が未だに根強いですが、実際にはそうとも限りません。
脳のメカニズムの研究が進む現代では、こういった症状というのは決して一般人と遠いところにはないという事が既に判明しています。
例えば、大怪我を負って腕を切断した場合、もう腕はないのにその部分が痛いという症状に悩まされる事がままあります。
こういった事も、ある意味幻の一種なのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 10:38| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

統合失調症の症状は多種多彩

体の細道 健康 医療 病気予防 総合失調症
統合失調症の症状は多種多彩

統合失調症は、精神疾患の中でも比較的広いカテゴライズの病気です。
その為、分類も多いのですが、それ以上に症状が非常に多種に渡っています。
そして、同時にその数だけ治療法があると言えます。
これは、通常の病気とはやや異なる点と言えます。

例えば、風邪の症状は、熱、喉の痛み、咳、鼻水、寒気、胃や腸の痛み、関節の痛み、頭痛、食欲不振など非常に多いものの、基本的には個別で見る事なく、風邪として全て同じ治療法を用いられますよね。
しかし、統合失調症の場合はそういうわけにはいきません。
症状にあわせた治療法が必要となります。
その為、統合失調症はまず自分自身がどういった症状を患っているかという事をしっかり把握しなくてはならないのです。
難しいですが、これができなければ、なかなか治療は上手くいかないでしょう。

統合失調症の症状は、基本的には精神疾患によく見られるものばかりです。
例えば、幻覚を見たり、幻聴を聞いたり、思考がまとまらず支離滅裂な言動をしたり、急に感情が暴発したり、無気力無関心になったりと、あらゆる精神疾患の症状が認められるという感じです。
その為、統合失調症は、ある意味精神疾患の代表的な病気といえるかもしれません。

精神疾患から引き起こされる症状は、周りの人の理解が必要です。
まだ一般認識が高くないので、統合失調症という病気自体を知らず、安易にうつとか性格によるものという考え方をされがちですが、それだといつまで経っても治癒は難しいでしょう。
まず、統合失調症にどのような症状があるのかをしっかり把握し、自分、あるいは周りの人にそれが該当しないか考えてみてください。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:52| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

緊張型

体の細道 健康 医療 病気予防 総合失調症
緊張型

統合失調症と一言で言っても、その分類は結構多いのですが、その中には日本では多い症例のものもあれば、極めて少ないものもあります。
緊張型と呼ばれるものは、統合失調症の中にあって日本ではかなり少ない部類に入る病気です。

緊張型は、20歳前後の方がよく発症する統合失調症のひとつで、近年ではかなり稀なケースと言われています。
現代においては、環境的にあまり緊張型の原因となるものが多くないという事なのでしょう。

緊張型の特徴は、所謂突発性の感情暴発です。
つまり、いきなり理由もなく興奮し、怒号を発し、情緒不安定になるというタイプの統合失調症という事になります。
発症の状態が非常にコロコロと変化するのも特徴のひとつで、一日単位で変わっていくので、周りの人にとってはかなり接する事が困難と言えます。
ただ、緊張型統合失調症の中では軽度のものとも言われており、数ヶ月で治るケースも多いようです。
あまりに長期的に症状が続く場合は人格崩壊の恐れもありますが、近年ではそういうケースは稀だそうです。

これだけを見ると、ただ情緒不安定で感情の起伏が激しい人との区別が付きにくい病気のように思われますが、実際の統合失調症の患者の場合は、興奮した際に通常とは違う挙動を見せます。
例えば、同じ姿勢を継続し、昏迷状態に陥って、回りの声に反応を示さなくなるといった状態になったりします。
意識はあるようなので、実際には聞こえているようなのですが、同じ体勢のまま固まって動かないそうです。
この状態の時に心無い言葉を患者に浴びせると、それを患者は認識し、心の傷となる事も多いようですね。

緊張型統合失調症は、現在ではあまり見られない病気ではありますが、周りの理解が比較的難しい病気と言えます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 06:16| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

妄想型

体の細道 健康 医療 病気予防 総合失調症
妄想型

統合失調症の分類の中のひとつである、「妄想型」は、その名の通り妄想が病気の直接的な要素となります。
世の中には、妄想癖という癖があるくらい、妄想自体は普通にまかり通っているものですよね。
実際、妄想をしない人間なんてまずいません。
これが病気と言われれば、世の中の人間全てが病気という事になります。
従って、ただ妄想しているだけが統合失調症というわけではありません。
妄想型というのは、妄想の世界と現実の世界の境界がわからなくなった人が主に該当します。
妄想というものが頭の中で描かれた虚構の世界であるということを理解できなくなったり、理解はしていてもそれが現実であるかのように振舞う事しかできなくなった場合に、統合失調症であると判断されるようです。
このタイプの特徴は、自閉的にはならず、社交的な状態でも進行しているという所です。
実生活では普通に振舞っている状態でも、誇大妄想、被害妄想といったものがとあるきっかけで暴走するケースなどがよくあります。
この妄想型が、統合失調症という病気に該当するかどうか非常に難しいところではあります。
よく漫画などで、妄想癖のあるキャラクター、異様に嫉妬深いキャラクターなどが出てきますが、あれは現実にそういう人が結構多いからこそ成り立つのです。
つまり、ある程度妄想型に該当しそうな人は多いのではないかという推測が成り立ちます。
それこそ、周囲の人間に多大な迷惑を与える、特に罪を犯すというレベルに達した人の場合は問答無用で統合失調症と判断されるでしょうが、そこまでいかない場合は果たしてどうなのか、という点においては、診断が難しい病気と言えるでしょう。
妄想型は、よく犯罪の動機としても用いられます。
その為、病気として良いかどうかという判断材料はかなり研究されているようです。

人間関係でお悩みですか?それならここで解決できますよ!



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:40| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

神経発達障害仮説、心因仮説

体の細道 健康 医療 病気予防 総合失調症
神経発達障害仮説、心因仮説など

統合失調症には、いくつかの要因が考えられています。
その中には、神経発達障害が原因なのではないかという考えもあるようです。人間の身体は、細胞の塊ですよね。
細胞は、毎日数多く死に絶え、同時に生まれています。
それは脳も同じで、神経細胞はどんどん死に絶え、死骸となっています。
その死骸を掃除するのが「グリア細胞」と呼ばれるものですが、統合失調症になると、そのグリア細胞が増えないと言われています。
これが胎児の状態から既に起きているのではないか、というのが「神経発達障害仮説」です。
胎児期に神経発達を妨げる現象が起こり、そこで脳に異常が発生していて、思春期などに統合失調症として発生するのではないか、という説です。
「心因仮説」というものもあります。
これは、そのまま心に問題があるという仮説です。
ですが、精神疾患でありがちな、人間関係や虐待、心的外傷が要因とはされていません。
コミュニケーション能力の問題のようです。
通常、コミュニケーションは言葉で行いますが、言葉をそのまま鵜呑みにせず、行間を読むというのが一般的なコミュニケーションのやり方です。しかし、それができず、そのままの解釈しか交流が成立しないという人が中にはいます。
この環境を生み出した事こそが、統合失調症の要因では?と考えられているようですね。
また、他にも「前頭葉機能低下仮説」というものもあります。
脳の前頭葉の機能、とりわけワーキングメモリーと呼ばれる部分の能力が十分に働いておらず、話は聞いていても意味を理解できないという状態になっている人が、統合失調症になるのではないか、という説です。
こういった仮設は、全て正しいかもしれません。
複合的な問題が絡み合った結果、統合失調症という病気が発生するのではないでしょうか。
これらの原因が特定されるまでは、まだ時間がかかりそうです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:01| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

統合失調症 原因は仮説ばかり

体の細道 健康 医療 病気予防
統合失調症 原因は仮説ばかり

統合失調症という病気は、古代ローマ時代から存在していた事は既に確認されている通りです。
そして、この病が精神病の一種であるという事が公式に発表されたのは、1800年代です。
つまり、本格的に統合失調症の研究が始められたのは、今から200年くらい前の話という事になります。

これだけの長い間研究が重ねられてきた病気ではありますが、実はその原因に関しては特定されていません。
これまでの研究において、脳に異常が発生している、環境が原因に関与している、遺伝的要素がある、といった仮説が立てられていますが、特定には至っていません。
よって、現在のところ、統合失調症という病気の明確な原因は不明である、というのが実情です。

ただし、原因が不明だから予防や治療が不可能という事ではありません。
明確な原因が特定できていないだけで、その原因と推測される仮説はいくつも立てられています。
これが全く間違いだという事はないので、これらの仮説から予防や治療方法が確立されています。
それらは実際に効果を生んでいるので、立派な解決法と言えるでしょう。

とはいえ、原因がはっきりしない病気というのは不気味なものです。
精神疾患の多くは原因がはっきりしない事が多いのですが、それはあくまでも具体的な出来事に対して特定できないというケースが多いのであって、メカニズム的な部分が不明瞭という病気は少ないかと思います。
それでも、この統合失調症を始め、まだまだ未踏の部分が多いのが、精神疾患の特徴であり、同時になかなか世間一般から普通の病気とみなされにくい要因となっています。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 06:44| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

統合失調症の有病率

体の細道 健康 医療 病気予防
統合失調症の有病率


統合失調症は、決して特別な病気ではありません。
その証拠のひとつと言えるのが、「有病率」と呼ばれるものです。
有病率とは、ある特定の場所における疾病者の割合を指す言葉です。
これと同様に、一定期間に初めて発病した患者の割合を指す「罹患率」というのもあります。
では、統合失調症の有病率はどの程度なのでしょうか。
区域で特別な偏りがあるわけでもなく、大体0.5?2%となっているようです。
2%というのはどういう数字なのかというと、とある町で検診を受けた人が1万人いたとしたら、その内の200人が該当するという割合です。
これは「検診実施時の統合失調症有病率」という表し方をします。
つまり、本当にその町全員を調べて出した数字ではないという事ですね。
ただ、町の全員が検診を行う事はないので、本当の意味での正しい数字は出しようがなく、実質的にその数字がこの町の有病率となります。
サンプル数的に見て、統計学的には問題がない数字なので、信憑性は高いと言えます。

つまり、これを日本にあてはめてみると、人口1億3000万人中、大体100万〜200万人くらい入るだろうと推測される病気である事がわかります。
この数字を見れば、統合失調症が特段珍しい病気ではないという事がわかるかと思います。
実際、こういった病気は現代病と言われがちですが、遥か昔から存在していました。
そして、それが病気であると認識されたのは、つい最近の事です。
全ての患者が病院に行っているわけでもないため、潜在的にはかなりの数に上るのではないかという事も予想されます。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 08:12| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

統合失調症の歴史【1800年代】

体の細道 健康 医療 病気予防
統合失調症の歴史【1800年代】

精神疾患は、かなり昔から存在が確認されていた病気です。
統合失調症に関しても、既に古代ギリシャ時代から、その症状が知られていたと言われています。
統合失調症は決して現代が生んだ病ではないという事です。
ただ、これが病気であるという認識がなされたのは、そのだいぶ後の話です。
例えば、中世の時代では、こういった病気は病気とはみなされず、幻覚を見たり幻聴を聞いたり、あるいは不可解な言葉を発するという症状を発症した人に対しては、「悪魔つきである」という見方をなされていました。
よく物語などで語られる事のある悪魔つきなどというのは、統合失調症が原因ではないかとも言われています。

統合失調症が病気と認識されたのは、1800年代に入ってからです。
1852年、フランスの精神科医のモレルにより、はじめて統合失調症が病気として公式に発表されました。
しかし、当時はまだ研究が進んでいないため、病気の分類としては、現在における認知症のような扱いだったようです。
病名は、日本語に訳すと「早発性痴呆」となっていました。

この後、1800年代後半になってくると、ドイツ人によって多くの統合失調症が明らかになっています。
緊張病や破瓜病などです。
そして、1899年にドイツ人のエミールという人が、それらをまとめて早発性痴呆とした、と言われています。

1800年代において、統合失調症はまだ研究の初期段階でした。
それでも、これらの症状が病気であるという事を認識できたというのは、非常に大きな前進であったと言えるでしょう。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:25| Comment(0) | 総合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

がん治療【最新のがん治療と医療費・保険】

posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 09:13| Comment(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

障害年金

健康 医療 病気予防 がん治療
障害年金

障害年金には、国民年金加入者が受給できる障害基礎年金と、厚生年金加入者(被保険者)対象の障害厚生年金があります。
身体障害者手帳取得の有無は障害年金受給とは関係ありません。
・障害基礎年金
国民年金加入中に初診日のある疾病により障害の状態となった人、もしくは加入をやめたあと60?65歳で国内に住んでいる時に障害となった人に支給されます。
初診日が20歳未満の人は、等級の1級・2級に当てはまるとき、20歳になった時より障害基礎年金を受給できます。
保険料納付済期間(保険料免除期間を含む) が加入期間の2/3以上なければいけません。
等級の基準は、身体障害者手帳・療育手帳と障害基礎年金では違うので注意が必要です。
1級は支給年額990,100円+子の加算、2級は792,100円+子の加算で、支給月は2・4・6・8・10・12月です。
この場合の子とは、20歳未満で障害等級1級・2級の子、もしくは18歳到達年度が3月31日を過ぎていない子です。
第1子・第2子の加算は各227,900円、第3子以降は各75,900円です。
障害等級1級とは、両上肢もしくは両下肢の機能に著しい障害がある、両眼の矯正視力の合計が0.04以下、などです。
2級は、1上肢もしくは1下肢の機能に著しい障害がある、両眼の矯正視力の合計0.05以上0.08以下、などです。
・障害厚生年金
厚生年金加入中に診日のある疾病により障害の状態となった人が受給できます。
障害等級1級?3級の人が受給できます。
1級・2級の基準は障害基礎年金と同じで、3級は両眼の矯正視力が0.1以下などです。
年金額は収入により異なります。
がん治療を受け、障害年金を受給できる人は申請をして生活費の負担を軽くすることを考えてみましょう。
費用がかかるからとがん治療を受けないことがないよう、必要な補助を上手に利用してください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

西洋医学と抗がん漢方薬「天仙液」でガン対策・予防。資料を無料でお送りしております。
posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:48| Comment(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

がん治療と医療費【高額療養費】

健康 医療 病気予防 がん治療
がん治療と医療費【高額療養費】

がん治療をする上で大きな問題になるのが医療費です。がん治療は長期間に渡るので、医療費は家計を圧迫しかねません。
しかし、高額療養費や身体障害者の医療費負担枠、障害年金など上手に利用することで医療費の負担を抑えることができます。
医療費の減免が認められるのに、高額な医療費を負担し、それが重圧とならないよう、利用できるサービスがあるかどうかを調べることも大切です。
医療費負担を軽減することもまた、大切ながん治療となるのです。
高額療養費は、長期入院などでの高額な医療費負担を軽減させる目的で、その月の1ヶ月(その月の1日?末日)の自己負担額が所定の金額を超えた場合に、超えた部分が返還される制度です。
ただし、保険の対象とならない食費や差額ベッド代などは対象とはなりません。
以下は70歳未満の被保険者・被扶養者の入院、もしくは入院と外来の合算での自己負担上限です。
上位所得者(標準報酬月額53万円以上)の自己負担上限額は、150,000円+(医療費の総額―500,000円)x1%です。
一般(標準報酬月額53万円未満)の自己負担上限額は、80,100円+(医療費の総額―267,000円)x1%となります。
低所所得者(市町村民税非課税など)は35,400円です。
入院が長期に渡るなど、その年の高額療養費支給が直近の12ヶ月で4回以上になる場合には、4回目から上位所得者は83,400円、一般は44,400円、低所得者24,600円です。
以前は、高額療養費制度を利用するには、申請後3ヵ月過ぎてから、上限額を越えた部分が返還されていました。
しかし、平成19年4月より、事前の手続きにより一医療機関ごとの窓口での支払を自己負担限度額までにとどめることができるようになっています。

がん患者へ17000人の実績

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

 
posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 06:51| Comment(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

抗がん剤

健康 医療 病気予防 がん治療
抗がん剤

多くの種類のある抗がん剤は、がん治療に欠かせないものです。
がん細胞の分裂が早いことから、がん治療で使われる抗がん剤は、分裂の早い細胞を攻撃する特徴があります。
抗がん剤と言えば強い副作用が想像されますが、抗がん剤の進歩はめざましく、また副作用を和らげる薬もできています。
がんが全身に散らばる可能性があって、局所の手術などでの治癒が難しい場合などで用いられています。
がん細胞は、DNA合成や細胞分裂を頻繁に繰り返し増殖スピードが速いのが特長です。
この性質をもった細胞を抗がん剤は攻撃し、がん細胞の増殖を抑えるのです。
しかし、がん細胞だけでなく、毛髪の細胞も増殖スピードが早いため、抗がん剤の副作用で毛髪の細胞も攻撃されてしまうことがあります。
これが、副作用として毛髪が抜けてしまう理由です。
現在では、がん細胞だけを攻撃し、正常細胞をできるだけ傷つけない抗がん剤、分子標的薬などができています。
抗がん剤の使い方には、手術後、がんが転移、再発しないように使用する場合があります。
また、抗がん剤で大きながんを小さくして手術するのに用いられたりしています。
抗がん剤を複数用いることで、それぞれの抗がん剤の長所を活かし、副作用を少なくし、進行がんを手術できるようになっています。
抗がん剤の種類には、細胞障害性抗がん剤と分子標的治療薬があります。
細胞障害性抗がん剤は、代謝拮抗剤(たいしゃきっこうざい)、毒ガス研究から開発されたアルキル化剤、抗がん性抗生物質、細胞の中にある微小管の働きを止めることにより、がんを死滅させる微小管阻害薬などに分けられます。

全国で今話題の沖縄フコイダン

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング


posted by 体の細道 健康 医療 病気予防 at 07:34| Comment(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策



金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 |TOPページ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。